mimimuimi

短編アニメーションを描く人の、特に短編アニメーションと関係ないブログ

イケアで机を買った話

三月に大学のそばに引っ越した時に、机を捨てた。正確には机の付いていたロフトベッドをだ。前の部屋は狭いし下の部屋の人が頭がおかしいし片付けられなくて荒れまくりだしでいい思い出が全くなくて、そんな中でロフトベッドが存在感がありすぎてその部屋の狭さだったり嫌な思い出の象徴となっているような気がしたからだ(実際部屋の半分を埋めるので狭さを助長させてたところもある)。

で、半年弱ちゃんとした作業台がない状態で過ごしていたんだけれども、やっぱりダメ。結局買いました。机。イケア。前の部屋より1.5畳も広い部屋に住んでいるんだけど、ソファだったりの家具を増やしてしまったせいで結局部屋自体は手狭で、1m四方ぐらいしか空きがないもので、そこにすっぽりと収まるような形のを頑張って探しました。

これがもうね。良すぎ。

絶妙に正方形ですごくなんか「俺の城」って感じになってるし、下の方にいい具合に棚があるから収納もばっちし。macのディスプレイを二つ置いてるんだけど、それでもライトボックス置ける余裕すらある広さ。サイコー。イケアいいよほんと。安いしかゆいところに手が届くこと多いよ。あと見てて楽しい。将来どんな部屋に住もうかすごく理想が膨らむ。モデルルーム見るの大好きな自分としてはもうほんとサイコー。

実家にいた頃は部屋が三姉妹共同で自分で家具を選ぶ余地なんて全くなかったので、好きな家具を置いて理想の状態にできる一人暮らしっていうのはほんとサイコーですね。三姉妹の末っ子なんて、いつの間にか与えられてるものしかなかったもん。それはそれでいいものだけど。

とにかくまあ、この机、ずっと可愛がってやりたい気持ちがすごいです。前のロフトベッド机と違って。前のはなんかよくわかんないあったかくない素材だけど今回は木だし。木。白塗りの木。引っ越してからもうまく拡張させて使っていけばとても長く使えるんじゃないかしら(イケアの家具の寿命がどれぐらいかはわからないけど、現にソファベッドはダレてきてる)。頑張って長持ちしてね、机。

ちなみにこんな机