mimimuimi

短編アニメーションを描く人の、特に短編アニメーションと関係ないブログ

理論派なおれ

f:id:mimimuimi:20160106183951j:plain

 写真を撮るのが好きです。

 この前ポラロイドカメラをもらったので、わっほいわっほいと撮りまくっています。フィルム写真の風合いが好きで、でも無精なせいで現像していないフィルムが4つぐらい溜まってたりするので、撮ってその場で現像できるライトな感じがとても楽ちんです。でもフィルムが10枚で800円ぐらいするので泣いてます。

 写真にはめちゃくちゃコンプレックスがあります。
 もともと写真は好きだったけど全然うまく撮れないコンプレックスがずっとあって、学部の時に写真の授業をとったのですが全然思うように撮れないし周りのみんなはすごくいいもの撮ってくるしで嫉妬マンの本領を発揮しまくってました。
 でもあの授業で得たことはすごく大きかった気もするな〜〜ぜんぜんなじめなかったけど。

 院に入ってから写真を専攻してる友達の研究内容を聞いたら、「写真は真実を記録、時間を凝固し、それらを乗せる容器である」っていうニュアンスのことを言ってて、なんだかアニメーションと近い部分があるのかなーと思ったりもしました。
 アニメーションで描かれていることは事実ではないかもしれないけど、自分の中での真実を都合よく編集した時間に乗せていける媒体なのかな〜的な〜〜。アニメーションと写真の違いは媒体としての時間軸があるかないかというだけで、時間を切り取るということに関しては同じものなのかもなぁと思った。
 院に入ってから良くも悪くも頭でっかちな感じで考えることが増えた。

 わたしが写真が下手なのは高いカメラを持っていないのが50%ぐらいあるだろ...と未だに思ってる自分がいるのがすごくやだなあと思う